學習院大學應援團

 我々學習院大學應援團は昭和28年に結成され、昭和33年には野球部を東都一部リーグの優勝へと導いた。昭和56年にはチアリーダー部が設置され、更に平成元年には吹奏楽部が設置されて、
 初めて三部の構成をとることができ、今の三部一体での活動に繋がっている。また平成21年には大学直属の団体となり、活動の幅がより広がることとなった。日々の応援活動はもとより、創團初期に開始された早期の学内清掃、日本赤十字社との合同での学内外での献血活動、弊團OBOG会である学習院桜援会の最高顧問であらせられる故寛仁親王殿下主催の合同運動会への参加、東日本大震災の被災地を訪れ被災者の 方々にエールをお送りするなど、奉仕の精神の下、その活動は多岐にわたっている。平成23年には学習院長表彰を、平成25年には献血活動推進全国大会にて厚生労働大臣感謝状を受けた。また本年は創團66周年にあたる年であり、これからも伝統を引き継 ぐと共に、團員一同更なる飛躍を目指している。
 また、我々総勢100名を超える團員が一糸乱れぬ動きで魅せる演技は、多くの方々を感動させてきた。他大学では見ることのできない学習院ならではの一体感のある応援団を 是非御覧あれ。