闇金に関する悩みをスグに解決!支払いや取り立てをストップ

  • ブラックや総量規制でも融資OK
  • 完全無審査で即日融資

過去の未払い・延滞や総量規制により大手のキャッシングを利用できない時に、誤って申し込みをしてしまった場合は闇金からの支払いに追われてしまいます。

近年では、闇金とは分かりづらいサービスを用いて違法な高金利を貪る闇金も多く存在します。

  • 給料ファクタリング
  • 後払い(ツケ払い)現金化
  • 個人間融資
  • ソフト闇金

これらは全て闇金業者です。仕組みが複雑なため闇金と知らずに取引している方も後を経ちません。

さらに、利用者が闇金と気づき弁護士や司法書士に相談しても仕組みの複雑さから受け付けてもらえないケースも多数報告されています。

しかし、中には闇金に特化した弁護士や司法書士も存在します。

当サイトでは闇金に関する悩みを一瞬で解決してくれる弁護士や司法書士をご紹介します。

闇金からの取り立てや嫌がらせを即日ストップ可能なうえ返済義務をなくすことも十分可能です。

「闇金の支払いが苦しい」給料ファクタリングや後払い現金化を含む闇金でお悩みの方はぜひ当サイトを参考にしてください。

給料ファクタリング

給料ファクタリングは給料債権の買取という形をとっていますが、紛れもない闇金です。

通常のファクタリングは企業からの売掛債権を買い取るサービスとして銀行も行なっています。そのため給料ファクタリングも合法的なサービスに思われる方も少なくありません。

しかし、給料債権の譲渡は認められていません。これは労働基準法に明記されています。

第三章 賃金(賃金の支払)第二十四条 賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払の方法で厚生労働省令で定めるものによる場合においては、通貨以外のもので支払い、また、法令に別段の定めがある場合又は当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

労働基準法

上記のように利用者と給料ファクタリング業者が2社間で契約を結んでも無効となります。

給料ファクタリングというサービスが出来たばかりの頃は判例がないため野放しになっていましたが、今では逮捕者も出ている高金利の闇金として認定されています。

給料ファクタリングを利用されている方は当サイトおすすめの闇金に強い弁護士・司法書士にご相談ください。

後払い(ツケ払い)現金化

後払い現金化は利用者に後払いで商品を購入させ、購入の特典として現金のキャッシュバックを行い給料日に商品代金を請求します。

購入した商品の口コミを投稿してもらい宣伝報酬などの名目をつけているため「お金の貸し借りではない」と現金化業者は主張します。

しかし、「ブラックOK」や「在籍確認なし」とうの文言で集客する運営方法から貸金業とみなされ規制を受ける可能性は十分にあります。

実際に2021年3月に大阪で、とある後払い現金化の業者が一斉提訴されました。

後払い現金化のサービスが出始めた当初は違法業者かどうか判断が難しく、専門家に相談しても断られるケースがありました。

しかし、貸金業法や出資法を違反していると判断される可能性は極めて高く、後払い現金化に強い弁護士や司法書士も存在します。

後払い現金化でお困りの方は当サイトで紹介している専門家にご相談ください。

個人間融資

TwitterなどのSNSやインターネット上の掲示板に「個人間融資」「個人的にお金を貸します」などの文言で集客をして高金利で貸付を行う闇金業者が蔓延っています。

個人間のやり取りであれば貸金業ではないと主張する業者もいますが、個人間融資を行なっている業者のほとんどは違法となります。

利息を見れば一目瞭然です。個人間融資をうたう業者の貸付は1週間または10日周期での返済となるパターンがほとんどです。

年利に換算すると個人が貸付できる法定金利の年109.5%をゆうに越えるため明らかに出資法違反になります。

(高金利を定めた金銭消費貸借契約の無効)第四十二条 貸金業を営む者が業として行う金銭を目的とする消費貸借の契約(手形の割引、売渡担保その他これらに類する方法によつて金銭を交付する契約を含む。)において、年百九・五パーセント(二月二十九日を含む一年については年百九・八パーセントとし、一日当たりについては〇・三パーセントとする。)を超える割合による利息(債務の不履行について予定される賠償額を含む。)の契約をしたときは、当該消費貸借の契約は、無効とする。

貸金業法

さらに、SNSや掲示板などで集客を行い不特定多数に貸付を行う行為自体が貸金業にあたいします。

つまり無許可営業と言えるので貸金業法違反となります。

(無登録営業等の禁止)第十一条 第三条第一項の登録を受けない者は、貸金業を営んではならない。 第三条第一項の登録を受けない者は、次に掲げる行為をしてはならない。 貸金業を営む旨の表示又は広告をすること。 貸金業を営む目的をもつて、貸付けの契約の締結について勧誘をすること。 貸金業者は、貸金業者登録簿に登録された営業所又は事務所以外の営業所又は事務所を設置して貸金業を営んではならない。

貸金業法

金融庁をはじめ貸金業協会などでもSNSを通じた個人間融資の注意喚起を行なっています。

個人間融資でお困りの方は当サイトで紹介している専門家にご相談ください。

ソフト闇金

ソフト闇金はホームページで堂々と集客を行い自らソフト闇金と名乗り、従来の闇金よりもソフトな印象をあたえますが言わずもがな高金利の違法業者です。

通常の電話対応などは穏やかですが、支払いが出来なくなると豹変する業者も存在します。

激しい取り立てはしないことを売りにしているソフト闇金ですが、実際には取り立てを行なっています。

勤務先をはじめ家族や友人をいった緊急連絡先に連絡を入れ請求をします。

ソフト闇金から借り入れをしている方は一刻も早く解決しなければ激しい取り立てが待っています。

当サイトではソフト闇金をはじめとした全ての闇金に強い専門家をご紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました